神経伝達物質を分泌を整えて、うつ病のない毎日を

原因を知ろう

うつ病診療における期間と費用

うつ病とは、仕事や環境の変化に環境的要因によるストレスや、疲労や内臓疾患などによる身体的要因からなる、病と言われています。しかし、そのはっきりした原因は現在でもわかっていないのが現状です。そのため原因は一つではなく、さまざまな環境的及び身体的要因が複数重なってなる、病とも言われています。 複数の要因が重なるため、うつ病になってからの治療にかかる期間は、人にもよりますが、簡単な場合もあれば、1年以上の長期になることもあります。 そのため治療費にも負担がかかり、ひと月の数回の通院で、平均1万から2万程度かかります。ですが実は公共医療支援制度があり、これに市役所などに申請すれば、一般の医療制度の3割負担から1割負担になり、平均3千円から6千円程度ですみます。

病の原因とその取り組みの歴史

今では一般に、知られるようになったうつ病ですが、実は歴史は古く、紀元前古代ギリシャの医者ヒポクラテスの医書に、「うつ病」の記載があります。ヒポクラテスによるとその原因は、黒い胆汁が増えることにより病にかかるとされ、その後約2000年以上うつ病の原因の研究がされてきました。 長年の研究の成果から、有益な提案はいくつか挙げられています。大まかに環境的要因と身体的要因に分かれますが、さまざまな複数の要因が重なっての発症が多いため、一般的な原因解釈ができないのが現状です。 そもそもうつ病は、症状や原因、その症状の経過を、大まかな共通性によって定義された症候群として示されたものであるため、現在の研究ではまだ根本的な原因を、結論として一元化できないのが現状なのです。

うつ病は、継続的なカウンセリングで解決することが多々あります

「うつ病」という言葉は、今では世間一般でよく知られるようになりました。 しかしながら、その発症の原因やメカニズム、身体との関係性や解決策などに関しては まだまだ調査が必要なことも多いのです。 さらに、うつ病の存在や言葉そのものが世間に知れるようになったとはいえ、 中途半端な情報だけがメディアを介して流れてしまうこともあります。 そうした側面もあり、うつ病にはまだまだ誤った見解と偏見が絶えません。 また、患者側としても原因が何であるのかよくわからないうちに病状が進行してしまい、 周囲の反応を恐れて相談ができないこともありがちなことです。 うつ病は、なかなか他人に相談できない病気の1つなのです。 そうして患者が1人で問題を抱え込んで症状を悪化させないためにも 相談相手としてカウンセリングの取り組みが広がっています。 カウンセリングがなぜうつ病の解決策として主流なのかはわけがあります。 カウンセラーと相談することでうつ病独特の孤独感や否定感を拭い去ることができます。 そのうえ、専門家の知識を借りることで自分のうつの原因を知るきっかけにもなるからです。

実際に、メンタルカウンセリングを受けてみましょう

カウンセリングを実施している公的機関は現在多く存在します。 例えば、病院の心療内科のカウンセリングやメンタルクリニック、 社会復帰のためのトレーニングを兼ねたカウンセリングなどがあります。 利用するには、電話やメール、 もしくはその機関のHP上でカウンセリングの申請フォームなどを用います。 これでは主に、患者の基本的な情報に加えて、患者に対する適切な施策を練る判断材料となります。 場合によっては、この申請フォームなどに記載された情報によって簡単な患者のカルテが作られます。 そうすることで初回のカウンセリングをスムーズに展開でき、原因の発見に貢献できるという 狙いがあるのです。 申請手続きより初回のカウンセリングを受けたら、 次以降はメンバーカードなど、患者の基本情報を記載したデータをロードすることで、速やかに受診することができます。