神経伝達物質を分泌を整えて、うつ病のない毎日を

真面目な方は

うつ病の原因になりやすい思考

うつ病になる人は真面目な人が多いというのを聞いた事があるでしょう。実際にはまさにその通りで、仕事などでも普通の人は自分にやれるか否かで判断する傾向が強いのに対し、うつ病になりやすい人は、自分がやるべきか否かを判定してしまい、結果的に、やるべきだと判断して出来れば良いのですが、本当は感情面でやりたくないと思っていることや、能力以上の仕事を引き受けてしまいどうにもならなくなってしまい、仕事が手に付かなくなります。これがうつ病の原因となる思考です。 うつ病になる人の思考は論理的であるために、理想が高く現実的で無いために繰り返し発症することが多いのも特徴です。また、周囲に気付いてもらえても、プライドが高いため自分ではうつ病ではないと考え病院へ行きたがらないことが多いのも特徴です。

うつかも知れないと思った時は

うつ病かも知れないと思ったら、病院に行くしかありません。自分で何とかなると思っていても、頭のメカニズムが理想を求める論理思考なため、このメカニズムを変更させなければ、原因の除去とはなりません。 うつ病になる人の根本の原因は、世の中全てが論理的であるという間違った前提を置いていることです。それは、自然界も人間社会も論理的に出来ることもあれば出来ないこともあるのに、全ての物事を論理的に考えるのです。 その結果、人間はなぜ生きているのかとか、自分の存在意義を考え論理的に説明がつかないために存在意義が無いのではないかと考えるようになります。 そのため、うつ病かも知れないという人に、赤ちゃんや動物と触れ合いさせることにより、論理的思考の対象が自分から他のものに移動し、一時的に原因要素が取り除かれ症状が改善します。