神経伝達物質を分泌を整えて、うつ病のない毎日を

正常な反応

うつ病は通院すること自体では解決しません

どのような病気であれ、具体的に症状が見受けられる場合、周囲からは病院に行くように勧められます。 それはうつ病においても同じことで、病院に行けば何かしらその原因が判明し、解決の糸口に なるのではないかと考えられているからです。 実際に、うつ病の疑いが認められたとき、 医師からはカウンセリングや抗うつ剤の処方などがなされます。 しかしながら、うつ病の基礎的な知識として言えることがあります。 うつ病を根本から解決するにあたって、薬は有効ではないということです。 例えば、風邪薬は風邪の症状を和らげることができますが、 風邪そのものへの耐性(免疫)を強化することはできません。 それと同じことで、抗うつ剤はあくまでも症状の緩和剤として使われます。 真に解決を図る場合は、まずはうつ病の原因がどこにあるかを考えなくてはならないのです。

うつ症状は人としての正常な反応です

うつ病を扱う医療機関のHPなどでしばしば語られているのは 「うつ病は必ず治せる」ということです。 うつ病は、その人の本来ある生活能力を奪ってしまうことから あらゆる面において害悪な病気という見方が強いのは確かです。 さらに、仕事など、組織に身を投じて行動する場合もあります。 そんなときにいざやる気が出なくなってしまうようでは大変厄介です。 しかし、うつ病に対する考え方の一つとして 「症状が極度に重くない場合は、無理をしてまで治す必要はない」というものがあります。 「うつ病には原因があり、必ず治せる」というフレーズとは主旨が真逆にも捉えられる意外な見解です。 これは、うつというものが実は精神的な免疫機能の向上作用であるという考えに基づいています。 精神的なストレスは、ストレスに対する免疫(しなやかさ、柔軟さ)を奪います。 そこで、そのストレスから身を守る免疫的な反応だという見解に至ったのです。 とはいえ、そのまま放っておいても体調は優れません。 何に対してその「免疫」が発生しているのか、原因を調べることが大切です。