神経伝達物質を分泌を整えて、うつ病のない毎日を

自分らしく

今後うつ病になってしまった方は、環境が整えられている病院を選びましょう

うつ病患者には、抗うつ剤などの薬が処方される場合が多いです。うつ病患者をはじめ、医療機関の先生方は薬を飲むと治りやすくなると考えています。しかしこれは大きな間違いであり、薬はほんの気休めとしか言えないものとなっています。ただ、全く効果がないわけではなく、脳が元気になったり気分が安定したりするので、飲まないよりは毎回の摂取量を守って飲むことが大事です。 うつ病を治すには、患者にとって良い環境を作ることが、完治するには一番の近道だと言えます。うつ病になる原因は、普段の生活が関係していることが多いので、環境を整えてあげる事は大切だと考えます。 今後は、薬ばかり処方される病院よりも、患者の話をよく聞くなどの良い環境を作ってくれる病院を選ぶと、うつ病も治りやすくなると思います。

放置しておくと、治療が長引く原因に

うつ病は急に大きな症状が現れて、すぐに重症化するものではありません。症状が出ているのに放置していると、重症化の原因となります。 治療中も、焦ってしまうと回復に時間がかかってしまう原因となります。焦らずにゆっくりと治していくように、患者もまわりの方も注意して頂きたいです。うつ病になってしまうと、すぐには心と身体の疲れがとれません。長期間で蓄積された心と身体の疲れが、うつ病となって表に出てきたと考えると、安静期間も長くとって良いと考えます。 明らかに以前の自分と違うと感じた場合は、必ず病院に行くことを心がけて頂きたいです。放っておくと、治療や回復が長引いてしまう原因となるので、安静にして治療に専念しましょう。